9/19 新潟戦




前節はアウェイの味の素スタジアムでふがいない敗戦。

なす術も無く3−0で敗戦となりました。

今節は新潟が相手。レオシルバなどが警告等で欠場。きっちりと勝ちきる力を見せて欲しい。

image

前半のうちに2人交代

神戸は4バックでスタートしたものの不安定。

CB2人の連携も悪く、相手の2トップに良いようにされてしまう展開が続きました。

続けて何度かピンチを迎えたところで、監督が決断しました。

北本を石津に変わって投入されました。石津は可哀想でしたが、守備の安定がまず必要だったため仕方ありませんでした。

3バックにした事で、守備は安定しました。前半だけでしたが・・・。

前半の神戸はこれ以降はサイドをしっかりと使って攻撃を展開出来ました。

左サイドで崩して中で合わし、あわやゴールインという展開もありました。

しかし、更にアクシデント。渡邊が怪我をしてしまい、ここで復帰戦となるペドロが投入されました。

前半はここで終了。まだこの時は不穏な空気はありませんでした。

image

先制から転落

後半に入って、神戸はショートカウンターを中心に攻め込みます。

先制点はその流れから、森岡が左サイドで独力で攻め込んで右足で逆サイドネットに突き刺しました。

ここまでは良かったんです。

この時点で残り30分。このゴールの直後に脚を痛めたレアンドロに代えて増山を投入。

しかし、この後神戸の裏のスペースを何度も使われます。

クリアミスが続いたり、つなげなかったりというところで更に裏へ出されて同点に追いつかれてしまいました。

そこから盛り返して、攻める神戸は何度か増山を中心にチャンスを作り出しますが決め手に欠く展開。

嫌な予感は当たってしまいました。

右サイドを突破されて失点。不用意なパスミスからでした。

この展開は何度も見ている・・・。

猛攻実らず敗戦。

image

相手より走っていたか?

新潟はよく走って、身体をはっていました。

守備面でも最後まで粘り強く戦っていました。

攻撃でも愚直に裏を狙って、2トップは身体をはってボールを収めました。

神戸はそこまで戦えましたか?戦うことと危険なプレーをすることは違います。

三原やブエノなどレッドカードをもらっても不思議ではないプレーもありました。

もう1度、気持ちを整理し同じく不調の名古屋を相手にしっかりと勝ちましょう。

image