9/22 天皇杯3回戦 山形戦 結果だけを求めて

スポンサーリンク

前節のリーグ戦はユニバー記念競技場で行われた柏レイソル戦。

前半にCKから失点する厳しい展開に。

攻撃面でも何もさせてもらえない難しい前半となりました。

後半に入り、攻勢にでた神戸は残り時間が少ないながらレアンドロが難しいシュートを決めて同点としました。

ロスタイムに訪れたチャンスはポストにはじかれ引き分けで試合を終えました。

過密日程の中で行われる試合は天皇杯3回戦。

相手はJ2で苦しむモンテディオ山形。

この試合で敗れればシーズン終了がリーグ戦と同じ日になってしまいます。

結果だけを求めての1戦となります。

image

渡邉が休養でベンチ外

まずはスタメンを確認します。

GK:スンギュ

DF:シュンキ・岩波・祥平・橋本

MF:三原・ニウトン・藤田・石津

FW:ペドロ・レアンドロ

SUB:徳重・伊野波・藤谷・松下・松村・中坂・増山

渡邉が連戦の中でやっと休養を与えられました。

同じく連日の起用が続くシュンキにも休養を与えたいところです。

早めに試合を決定づけ、藤谷の起用を期待したいですね。

image

前半早々の得点で楽な展開に

神戸は開始早々から先制点を獲得します。

スタート直後はボールが落ち着かない展開となりますが、5分たてば神戸に時間帯へ。

自陣でゆったりとボールを回しながらチャンスをうかがいます。

その中でサイドから中央へ崩しが入り、裏へ抜けたペドロへ浮き玉が入りました。

ペドロが落ち着いて飛び出たGKをあざ笑うシュートを決めて先制点。

前半9分の先制点で楽な展開となりました。

その後も神戸は攻撃のタクトを握り、サイドから、中央から多彩な攻撃で相手を押し込めます。

山形もカウンターで決定的なシーンを迎えますが、最後は祥平が体を張って防ぎます。

追加点は前半28分。

中央でボールを持ったニウトンがフリーになっている橋本へ浮き玉のパス。

落ち着いたトラップからルックアップした橋本がマイナス気味にグラウンダークロスを供給。

待っていたペドロがダイレクトで流し込むようにゴールネットへシュートを放ち追加点!

前半のうちに2点をあげることができました。

残りの時間帯もチャンスを作りますが追加点とはならず2−0のスコアのまま後半へと移ります。

image

混沌とした後半へ

後半スタートから山形は松岡を投入。

これが流れを変えることになります。

神戸は前半とうって変わって何もできなくなります。

気の緩みなのかボールがつなげなくなり、山形に徐々に支配される展開へ。

結果としてまずPKを献上します。

PA内で次々にフリーの選手を作ってしまい、最終的に相手を倒してPKを献上。

ディエゴにきっちりと決められて1失点目。

ここで神戸は藤田に代えて松下を投入。

流れを引き戻せないでいるとペドロに代えて中坂を投入。

三原をボランチに入れて4-3-3へとシステムを変更します。

これでも流れを止められません。

山形の崩しから松岡にワンタッチシュートを決められて同点とされます。

浮き足立つ神戸は何もできずに時間が経過していきます。

悪夢の逆転弾は後半35分。

ショートカウンターから右サイドを突破されフリーで待ち構える大黒がワンタッチでシュートを決めて逆転!

後半に入って完全に足が止まった神戸は大逆転を許してしまいます。

攻撃に転じた神戸ですが、前線は足が止まっていて途中投入されたはずの増山も効果的な動きができません。

ロスタイムに入り、万事休すかとみなが考え始めた93分。

CKを獲得し、松下が蹴ったボールはファーサイドで折り返され、こぼれたボールを祥平が執念でねじ込んで同点!

メインスタンドが揺れるような大歓声とゴール裏へ走って咆哮をあげる祥平。

土壇場で同点に追いつきました。

相手に退場者が出た延長戦

15分ハーフの延長戦に入りました。

特に大きなチャンスがあったわけではない延長前半ですが大きな出来事がありました。

山形のセットプレイの流れから小競り合い?が発生します。

岩波が執拗に主審に抗議し、主審が副審へ確認をとります。

下された判定は山形に対する1発レッドカード!

不意をつかれたレッドカードで山形は10人での試合となります。

延長後半の終了間際にかけて2度ほど大チャンスがありましたが決めきれない神戸。

相手GKのビックセーブもありPK戦へと流れ込みます。

スンギュのおかげ

PK戦はさらっと。

レアンドロ・ニウトン・三原・シュンキ・岩波が蹴り全員成功。

山形の3人目をスンギュがストップしました。

合計スコア5-3でPK戦を制した神戸が4回戦進出を果たしました。

結果だけ見れば勝ちましたが、不満しかない試合となってしまいました。

勝利したことだけが手に残る試合となりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。