9/23 甲府戦 まとめ

スポンサーリンク

 

中二日で迎える事になった甲府戦。

昨年のJ2での戦いでも、守りに徹しカウンターで一矢報いる下位クラブ相手に苦戦を強いられた神戸は

この一戦をものに出来るのか。

スタメン予想が的中!しかし、それで良いのか。

昨日、私が予想したスタメン予想。

ぴったり的中となりましたが、本当にそれでよかったのか?と思う結果になってしまいました。

神戸の選手たちは脚が重く、運動量が乏しい試合となってしまった印象です。

 

スタメンは予想通り、田代に変えて枝村を抜擢。

4−4−2のスタメンで試合に臨みました。

 

一瞬の隙。本当にそうなのか。。。

前半の神戸はロングボールやショートパスなど

緩急を時間帯によって使い分けながら糸口をさぐっていました。

対して甲府はクリスティアーノのカウンターに頼る展開。

タメが作れないため、単騎での突破頼りとなりました。

しかし、その戦術が結果を残します。

相手陣内で失ったボール。

相手が一瞬で増川の裏のエリアにボールを出します。

クリスティアーノが完璧に抜け出しました。増川も必死で追いかけますが

完璧なドリブルのコース取りをしたクリスティアーノが1回のチャンスを確実に決めきり先制点。

甲府にとっては予定通り、百点の前半となりました。

一方、神戸にとってみれば前半の失点はいつも通り。後半、相手がばててきたところで逆転と考えていた人も多かったでしょう。

 

監督の交代策は後手後手になってしまった。

後半になって神戸は橋本にかわって相馬を投入します。

久しぶりの出場になった相馬は、後半開始早々に仕掛けるなど気持ちを見せていました。

しかし、後半、相馬のサイドでパスワークを使って崩す場面は見られませんでした。

なんのための投入だったのかと・・・。

相馬がやっていた攻撃と言えばアーリークロス。

相馬の武器である、相手陣内深くへ切り込んでいくドリブルからのクロスは見られませんでした。

それは、森岡やボランチなどの選手がそういった崩しを意識せずに中央に偏った攻撃を行ってしまったからでしょう。

そうこうしているうちに2失点目。

河本が競り合ったボールが相手にわたり、守る神戸は増川が一人で対応するかたちに

結局、ジウシーニョがシュートする場面では人数がそろってはいますが、シュートはサイドネットに突き刺さりました。

 

神戸の交代策は、石津を投入して枝村を右サイドバックへ

松村を投入して、ウヨンをCB、森岡をボランチへ。

なにも機能しませんでした。

疲れている森岡は組み立てようとボランチの位置で奮闘しますが

ボールロストを繰り返すのみで、全く機能していませんでした。

また、サイドを起点にした攻撃は組み立てる側が使う意思を持っていないために全く機能しません。

ボールサイドにボランチ、2列目、サイドバックが絡んで崩す場面が全く見られなかったと感じました。

相馬が復帰し、起用した意味が・・・となってしまいました。

 

次戦は広島。

次節の対戦相手は広島。

堅牢な守備からの攻撃的なタレントを起用したカウンター。

このタイミングで広島相手にどのような試合を見せれくれるのか。

しっかりと今日の試合を反省し、タクトを揮ってくれることを森岡に期待したいと思います。

 

image

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。