9/26 名古屋戦 噛み合ない歯車

スポンサーリンク

前節はホームで残留争い中の新潟と対戦。

レオシルバなど主力を欠いた新潟相手に、逆転負けを喫しました。

全体的に士気が下がり目と感じる神戸は今節、10連敗中の名古屋と対戦しました。

image

満身創痍の神戸

前節の新潟戦でレアンドロと渡邊が負傷。前線はペドロ・石津・増山のドリブラー系3人という布陣になりました。

正直かなり厳しい展開です。

レアンドロが担っていた攻撃や守備のタスクは大きく、マルキ不在の中で圧倒的な存在感を見せていました。

報道では森岡の1トップを採用するとの情報もありましたが、森岡はボランチでの起用となりました。

一方で、名古屋も主力を怪我で欠いている状況で闘利王がFW起用となりました。

苦手の闘利王を抑えたいところでしたが。

image

チャンスを決めきれずに失点

前半の神戸は当初、勢いを持って攻める事が出来ていました。

相手のラインが高く設定されていたため、裏へ抜けるボールを岩波から配給してチャンスを創出しようとしていました。

その展開の中から、石津が相手のトラップミスを奪ってショートカウンター。

中央へ入れたボールをペドロが相手DFを引っぱりスルー。

大外に走り込んでいた増山がシュートしますが、楢崎の正面に入ってしまいました。決定機でしたが・・・。

その後、神戸は嫌な位置で不可解なファールを取られてしまいます。

気持ちの面で抗議に意識がいってしまったのか直後のFKで神戸が触る事が出来ないまま、ニアのシュート→クロスバー→闘利王の足元へという流れで失点。

一気に気持ちが落ち込んでしまったかのような展開になりました。

このまま前半は終了。

チャンスはあったものの、セットした状態で攻める形が見えてこず得点する形が想像できない状態で前半が終了しました。

image

ミスから失点 意気消沈の神戸

後半に入って、早い段階で失点。

自陣で森岡がボールを保持している所でボールロストをしてしまいそのままショートカウンターを決められて失点。

今季、ウヨンや森岡で何度も見て来た失点パターン。

たまらず監督も森岡を下げて三原を投入しました。

流れは変わらず、間髪入れずにヨンボを石津に代えて投入。

更に裏への圧力を強めつつ、ヨンボのスピードを活かした攻撃にシフトしました。

時間が経つにつれて、何度かいい形を作れましたが得点には至らずゲームセット。

なす術もなく敗れました。

image

言われた事、こだわる事の意味

この日の神戸は、攻撃も守備も自滅していると見ていて感じました。

相手が高いラインを設定してきている。こちらの攻撃陣はスピード豊かな仕掛ける事が出来る選手が並んでいる。

闘利王がFWに入っている事から岩波にあまりプレッシャーがかからない。

この状況で裏へ抜けるチャレンジを何回したか?という事です。

当初はなんどか狙っていましたが、うまくいかないと辞めてしまいました。いつも通りサイドの崩しを目指す展開に変更。

しかし、レアンドロがいない神戸にその展開はかなり難度が高くなります。尚かつ相手は中央も固めています。

自陣からボールを持ち上がる事で裏のスペースも消してしまい、万事休す。

戦いながら状況を見て、最善策を愚直にいくども繰り返す能力が欠けているのではないでしょうか。

見ていて歯がゆく、残念でした。

必ず残留してネルシーニョが信頼出来る選手構成で来季戦うことを期待します。

image

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。