9/27 広島戦 まとめ

スポンサーリンク

 

前節の敗戦からあまり日がたたないままで迎えた強豪広島戦。

鬼門の1つであるビッグアーチで勝利を収める事が出来るか。

広島・・・遠い・・・。

今回の遠征は車で行ってきました。

往復の8時間運転しましたよ笑

image

 

到着したのは11時。それでもスタジアムにはたくさんのサポーターがきていました。

自然の中に堂々と立っているエディオンスタジアム。

image image

 

早速、神戸側の入り口へ行き待機列に加わりました。

その後は、フードコートへ行って腹ごしらえです!

image image image

ご飯を食べていると、ご当地アイドル?のスプラッシュなるグループが来て

イベントのリハを行っていました。

小学生?のようなめっちゃ若い子ばっかでした笑

image image

 

お昼ご飯は広島焼と広島風焼きそばです笑

それと、スポンサーのヤマザキパンが500円の袋詰めパンを売っていたので買いました。

12〜3点ぐらい入っていたと思います。めっちゃお得でたくさんの広島サポが並んでいました。

一人で5〜6つ買う人もいました。

image image

 

スタメンに相馬・小川が復帰!

スタジアムに入場したあとスタメンを確認。

相馬と小川がスタメンに復帰し、怪我の河本にかわって北本がスタメンとなっていました。

この相馬と小川の起用がこの試合の展開を大きく変えたと思います。

image

バスの到着もばっちり見えました。

 

スタメンの相馬や小川にたくさんの声援が送られていました。

整形したサンチェ・フレッチェ

image image image image image

 

見どころの少なかった前半。

 

期待感をもって臨んだ前半ですが膠着した展開となりました。

がっちりと引いてブロックを形成する広島相手に神戸はハーフコートゲームの様相を呈していました。

増川と北本がハーフライン付近まであがってボールを回しながら穴を探しますが

ブロックが固く、なかなかこの展開を打開することができません。

逆に、広島には何度か決定機が訪れました。

しかし、積極性を欠いた判断などシュートは枠の中に飛ばない展開。

また、この日起用された北本が体を投げ出したディフェンスなどでなんとか無失点で前半を切り抜けます。

前半終了間際、神戸に決定機。

 

左サイドに開いた小川が動きながらボールを受けます。

そこからワンタッチで数回ボールがまわったあと

全力で縦に走っていた相馬にボールが出ます。

相馬はそのまま抜け出してGKと一対一となりましたが、ここは林のビッグセーブにあってしまい無得点。

 

決定機の数は圧倒的。しかし引き分け。

後半になって、神戸は相手のラインの裏を狙う作戦に変更してきました。

相手のサイドの奥深くへ小川が何度も走り込んでボールを引き出します。

そうすることでラインが下がり、ボランチとの間でスペースが少し生まれ始めました。

 

そうなると、最終ラインからのビルドアップにおいても縦パスが入りやすくなり

積極的な縦パスから前へ向いたパスがつながるようになります。

特に森岡がバイタルで前を向いて受ける事が出来る場面が非常に多くなりました。

バイタルでボールを持った森岡がマルキ・ペドロ・小川に対してタクトをふるって行きました。

後半迎えた決定機・・・私が数えただけで

相馬のヘディング。増川のヘディング。小川の一対一。枝村のシュート。などなどなど・・・。

しかし、得点につながったのは枝村が前を向いて小川が裏へ抜け出したところへボールを配給。

相手DF二人と小川がもつれたこぼれ球が外にいたマルキの目の前にこぼれてきました。

落ち着いてゴールへ流し込んだ先制点のみとなってしましました。

逆に失点シーンは試合終了前になって広島が圧力をかけて攻めてきた時間帯で生まれました。

中央で受けた青山から横パスであがってきた塩谷へ。

そしてバイタルで余裕をもって高萩が縦パスを受けて前を向きます。

パスを出したあと走り出した塩谷へそこしかないというパスを出します。

神戸は4人いたディフェンスをあざ笑うかのように抜け出した塩谷がダイレクトで決めて同点。

あとで映像で見ると、相馬などがボールウォッチャーになっていて塩谷の動きをつかめていませんでしたね。

そして、高萩に対するプレッチャーも弱くなっていました。

必然として生まれた失点であると思います。

その後の猛攻も実らず引き分けとなってしまいました。

魅力的な攻撃サッカーだった後半。

後半、ヴィッセル神戸が見せた姿は非常に魅力的な攻撃サッカーでした。

あのサッカーがこれからも機能する事を期待したいですね。

次戦の相手は名古屋。

久しぶりのノエビアスタジアムで絶対勝ちましょう!

image image image image image

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。