9/4 ルヴァンカップQF第2戦 悔しい悔しい・・・

スポンサーリンク

現在、戦っているのはルヴァンカップです。

前節はクォーターファイナル第1戦の浦和戦でした。

ホームで対戦したものの1−2で悔しい敗戦。

直前のリーグ戦で勝利した良い流れをつかみたいところでしたがあっさりと敗戦。

判定にも不満を示すなど後味の悪い一戦となりました。

気持ちを切り替えての1戦はアウェイの地で第2戦です。

2−0または2点以上での勝利が必要になります。

今年こそ、決勝進出を願っての1戦となります。

小川がスタメン復帰

まずはスタメンを確認します。

前節の試合で退場したペドロは出場停止となっています。

GK:徳重

DF:岩波・伊野波・祥平

MF:シュンキ・藤田・ニウトン・小川

FW:中坂・レアンドロ・渡邉

SUB:松澤・東・松下・三原・松村・増山・石津

小川がスタメンとなりました。

前節、関根を相手に困ってしまった松下を下げました。

誰であれ結果を求めたの1戦となります。

前半で2失点

2年ぶりくらいに家での観戦となりました。

翌日にタイへと旅たつこともあり神戸に残りました。

いつも観戦しているスポルテリアが貸し切り営業で観戦不可とのことでしたので家での観戦ですw

スタートから一進一退の攻防で神戸にも浦和にチャンスがありました。

神戸はシュンキがクロスバーを叩いたシュートを放ちました。

浦和もロングボールを主体に攻めます。

左サイドに入った小川は攻撃時には機能していますが守備の場面では慣れない対応を強いられています。

攻撃は右サイドを中心に展開します。

シュンキと中坂がうまく関係性を築いていて攻撃に連動性がうまれています。

本当に中坂はボール扱いが上手く、過去の王子様と比べても球離れが早いため攻撃にリズムが生まれます。

このまま神戸の心臓として成長してほしいですね!

試合の流れは徐々に浦和へ。

神戸のチャンスから神戸は失点します。

左サイドから藤田のロングスローが送られたところからカウンター。

ハーフラインで神戸が小川のみ。

浦和は2名いる状態で上手く繋がれて抜け出した高木がGKと1対1を冷静に流し込んで先制点。

この時間帯からバタバタした神戸は続けて失点。

右サイドを宇賀神に抜け出されてその後の流れからPA内でシュンキが相手を倒してPKを献上。

阿部に落ち着いて決められて2点目を失いました。

けが人続出の後半

後半のスタートから神戸は伊野波に代えて東を投入しました。

伊野波が前半のプレーで怪我をしてしまったためです。

スリーバックの中央に岩波が入り、右に東が入りました。

後半開始早々は攻めに出た神戸でしたがチャンスの種は作りますが決定機は作れません。

攻勢に出る神戸ですが逆に失点してしまいます。

中央自陣でボールを失いショートカウンターを浴びます。

右サイドの東と対峙した浦和の高木がPA外からミドルシュートをたたき込んで3点目。

神戸は小川が右足首を負傷して交代。

満身創痍の中でプレーを続行しますが4点目を失って万事休す。

後半はもう見てられない展開となってしまいました。

けが人も多く出してしまいこの連戦で神戸はボロボロとなってしまいました。。。

週明けには天皇杯も待っています。

連戦ですが何とか勝ち切ってほしい限りです。

なお天皇杯は管理人がタイ入りしているため休載となります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.