9/9 天皇杯2回戦 長野戦 危なげない戦いを披露




先週は柏レイソルとのナビスコカップ準々決勝を行った神戸。

結果は2戦合計スコアでの勝ち抜けとなりました。来月に鹿島アントラーズと準決勝を戦う事になりました。

翻って、今日からスタートするのが天皇杯。

昨年は、初戦で中断あけの神戸は関学相手に敗戦。悔しい結果と成りました。

今年は連戦の最中でJ3に所属するAC長野パルセイロをホームに迎えました。

image

危なげない戦い

前半・後半を通して、安定した戦いを見せる事が出来ました。

今日のスタメンは主にDFラインを中心にメンバーを入れ替えました。

スリーバックに変更して北本とブエノを起用。左には山口が入りました。

他のメンバーは変更なく、スタートとなりました。

前半、予想では前から激しく長野がプレスをかけてくると思っていました。しかし、実際にはある程度までは神戸にボールを持たせる展開となりました。

今日の神戸も両サイドを広く使って攻撃する事が出来ていたと思います。サイドの裏を積極的に攻略して行く姿勢は出せていました。

前半で奪ったゴールは共にショートカウンターからでしたが、切り替えが早く、切り替えの部分で相手を上回った結果だと思います。

image

プロ初ゴール

後半に入って、余裕のある神戸は増山と奥井を起用。

積極的に仕掛ける増山を中心に縦パスがしっかりと入って、ゴールラッシュと成りました。

増山もプロ初ゴールを決める事が出来て、しっかりとクロージングも完遂する事が出来ました。

ヒデを投入した事で連戦続きの三原を休ませる事も出来ました。

選手を選手が追い越して行く動きが活発的で見ていて楽しいサッカーでした。

ただ、相手の戦意は喪失されていてスカスカの守備だったために今後の参考にはなりません。

次戦はJ2の千葉が相手となります。実力があるクラブですし、拮抗した戦いになる事が予想されます。

気を抜かずに戦わなければなりません。

image