FC大阪ホームゲームを初観戦してきました!




本来であれば、私はナビスコ杯初栄冠の余韻に浸っていたはずなんですが、なぜか普通の目が覚めました。

昨日もサッカーを見ていなかったため、寂しくなったのでふらりと長居駅へ・・・。

左にはセレッソ大阪のホームゲーム。

右にはFC大阪のホームゲーム。

お財布と相談して、今回はFC大阪のホームゲームを初観戦することにしました。

image

決定力の欠如

前半はFC大阪が攻めるゲーム。

相手の大分DFラインの裏へとボールを出して、外国人FWが裏へと迫力ある突破をみせていました。

前半で挙げた2点は2つとも裏への抜け出しから、独力で突破したものでした。

GKのレベルが高ければ防げたとも思わなくないですが、ここまではFC大阪の決定力が目立つ展開になりました。

image

決めきれない大阪を尻目に追いついた大分

後半に入ると、一転して一進一退になりました。

大分は後半に入って、早い時間帯に1点を返したんですが

全く見ていませんでした。笑

その後、FC大阪は何度もカウンターからチャンスを迎えました。

本当に何度も迎えたんです。フリーでGKと1対1になることも何度もありました。

ですが、相手GKのファインセーブにあったり、枠を捉える事が出来なかったりといった展開になりました。

そんな中迎えた後半40分ぐらい、左サイドでボールを持った大分はアーリークロスを供給。

2トップが相手のDFラインと駆け引きしながら、なだれこんで最後は大分24番木島が無人のゴールへ流し込んで同点。

そのままタイムアップとなりました。

image

観客の少なさが課題

この日の観客は700人弱でした。

牧歌的といえば、聞こえはいいですが大阪を本拠地とするのであればもう少し観客が入ればいいなと思いました。

image