読了:日本サッカーの未来地図

スポンサーリンク

image

 

日本を代表する知能派のサッカー選手、宮本恒靖さんが書いた初の著書です。

昨年、FIFAマスターを修了したツネ様はそのことについて書いています。

 

ツネ様が入学したことで知ったFIFAマスター。

私もとても興味があっていろいろ調べました。

入学条件がすさまじいんですこれ笑

TOEICが満点クラスの人じゃないと入れない笑

本編で触れられていますが、ツネ様はJFAの推薦状があったそうなのでその点は免除されたのかもしれませんが

英文のエッセイ6本もなかなかのボリュームです。

かなりの英語力が必要とされる大学院となっています。

正直、入学狙ってます笑

 

内容はというとスポーツを、①歴史 ②経営 ③法律

の視点から1年間かけて学ぶというのものです。

はやり、興味深かったのはスイスで学ぶ事ですね

世界の様々な機関の中央地となっています。

世界の意思決定が集約されている感じがしますね。

 

全体的に、日本サッカーが抱える課題と進みたい方向性を集約したような内容になっており

私自身もこういったことにかかわっていければと思う次第でした。

しかし、もうちょっと字数があればなおよかったですね笑

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。