5/17 清水戦 まとめ

スポンサーリンク

ワールドカップ中断前の最終戦

ここまで3位につけている神戸はアウェイの地にて清水との対戦。
なんとか勝ち点3が欲しい試合です。

今回の遠征はツアーバスにしました。
なによりも値段が魅力的でしたね。

image

 

記念のミニタオルまでもらえました。

日程と対戦相手も印字されています。

スポンサーさんがいるからこそできる施策ですね。

 

長旅をこなしてついたスタジアムは

IAIスタジアム日本平。

スタジアムから富士山が望めるというスタジアムです。

image image image image image

 

海岸線から少し丘にあがった場所にあるこのスタジアム

専用スタジアムでありこじんまりとしたいい雰囲気のスタジアムでした。

 

オリジナル10の清水がこのクラスのスタジアムで常に満員でないというのが

Jリーグの現状をよく映し出しているのかなと思ったりもしましたが。

 

噂通り、スタジアムから富士山が!!

 

image

 

スタンドからピッチの眺めはこうです。

 

image image image image image image image

 

 

試合内容

 

終始、清水の戦略に押されていたイメージを持ちました。

ロングボールをうまく活用してラインの裏にノヴァを走らせたうえで

こぼれ球を確実に獲得しながらアタッキングサードでのスローイングや

コーナキックを獲得した上で、ヨンアピンのロングスローを多用し

セットプレーの機会を格段に増やして戦っていました。

実際に失点シーンもロングスローからでした。

 

攻撃に関しては、中央を固める清水に対して

細かいパスワークから中央突破をはかりましたが

細かいパスミスが目立ち、なかなかうまくいきませんでした。

うまくペドロに入った展開から森岡が中央で二人を引き付けて

うまく裏に回った小川へヒールパス。

なんと小川が左足で逆サイドネットをきれいに流し込んで先制点

といった流れでした。

 

結果は引き分け。

アウェイ攻められた中で勝ち点1は得られました。

 

再開後にフルメンバーでしっかりと勝ちきる試合を期待したいです。

 

image image

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。