8/2 浦和戦 まとめ

スポンサーリンク

 

いってきました埼玉スタジアム!

弾丸強行日程での遠征となりましたが、行ってよかったといえる試合になったと思います。

 

前節、衝撃的な敗戦をしてしまった中で首位の浦和と対戦。

試合前には守備的にいくというような報道もありました。

実際に前半は耐え忍ぶ時間となりました。

 

今回の遠征、行きはお昼の飛行機

帰りは夜行バスという強行日程で行きました笑

 

image

 

雨の関西と一転、いい天気の関東に乗り込みました。

 

羽田空港から一路、浦和美園へと向かいました。

そこからバスでスタジアムに入ります。

 

すでに4時、開門直前での到着となったので

場外スタメシは堪能できず笑

 

image image image image image

 

それにしても埼玉スタジアムはいいスタジアムですよね。

ここに来たのは3回目

1回目は日本代表のワールドカップ予選。

2回目は奇跡の残留劇の時。

いい思い出しかありません。

勝つしかありません。

 

image image

 

ご飯は、場内に打っていたビフテキ丼

うまかったけど、重たかった笑

 

image image

 

image image image

 

試合は

前半はほんとうに崩されまくった展開。

センターバックとサイドバックの間に相手選手が侵入してきて

縦にドリブルを開始します。

折り返しのボールを何度も入れられて中で合わせられる展開が続きます。

そんな中失点シーン。

バイタルに縦パスが入ったところ

相手選手がスル―したところにコーロキと増川

増川が相手の切り替えしに態勢を崩されます。

ゴール前でドフリーになったらそら決められます。

綺麗な失点。

前半は同じような形で何度も危ないシーンを作られました。

こちらのチャンスは1回のみ。

高い位置で奪ったボールを森岡にスルーパス。

抜け出した森岡は斜めにドリブルしながら西川と1対1。

ビックセーブされて得点ならず。

前半終了。

 

後半になって、前からプレスをかける神戸。

押し気味で試合を進めると、獲得したコーナーキックから得点。

 

なんか、入りそうな気がしたんですよね笑

 

森岡が蹴ったボールが最初のヤマを越えてドンピシャで河本の頭へ。

ばっちりきれいにボールがネットを揺らすのが見えました。

歓喜のゴール裏。

アウェイはこのゴール裏の一体感がたまんない!

 

ちなみに、この前にもオフサイドになりましたが

サイドからの崩しで小川がゴールインしていました。

綺麗な崩しだったんですが残念。

しかし、これが2点目の福音になっていたのか。

 

2点目のシーン。

森岡が自陣でキープして

小川がロングランで持ち上がったところ、一度サイドでマルキがキープしたボールを

シンプが抜け出してキープします。

そこに高橋が斜めに入ってきて

エリア内に進入したところでシュート!

古巣相手に逆転弾をぶち込みました

ゴール裏歓喜

この瞬間はやばかった

image

 

そしてロスタイム

小川がカウンターからボールキープを中途半端なプレーで失うと

そこから失点。

相手の底力を見せられました。

あいさつ時、マルキが小川に詰め寄ります。

あのプレーはなんだという意味でしょう。

小川が泣き崩れて大屋に抱きかかえられて引き上げていきました。

神戸になかった、勝利への執念を怒りという感情に表せて訴えてくれる選手の加入。

これはこれまでになかった光景でしょう。

小川本人も痛いほどわかっていること。後悔しているから涙したのだと思うので

次、以降、この二人で崩して得点を期待したいですね。

 

神戸の夏はこれからだ!

image

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。