8/23 仙台戦 まとめ

スポンサーリンク

 

前節、アウェイの柏戦では敗戦。

今節は、ホームにアウェイで劇的な敗戦を喫した仙台を迎えての1戦。

絶対必勝の試合です。

 

image

 

今日のスタジアムはライブデイ。

三木市と姫路市のアイドルがきていました。

image image image image

 

アイドルおっかけの方々のかけ声があってちょっと盛り上がっていました笑

また、仙台のゆるキャラもきていました笑

image image image

 

スタジアムの入場口ではベンチ外となってしまった松村がお客様のお出迎えをしていました。

image

こ、こっちみんな笑

がんばれ松村!!

 

試合の方に移ります。

image image image image

 

試合はというと

神戸は前半と後半でまるで別のチームのようでした。

前半は、バイタルまではボールが運べるものの

そこからのアイデアが不足していて

停滞気味な攻撃を披露してくれました。

眠たかった人も多かったのではないでしょうか。

 

失点シーンは前半。

野沢のCKにショートコーナーを準備する選手が1人つきます

これに対して神戸は2人が前にでて対応。

ニアにスペースがあいていました。

中央から鎌田が走り込んできてニアで点と点であわせられて失点。

これは野沢のキックの精度が高すぎたのですが、神戸としても守り方に問題があったのではないでしょうか。

 

後半になって神戸が別のチームになります。

2トップのような形になりマルキーニョスとベドロが裏を常に狙う形になりました。

そこへ、森岡やウヨンがボールを供給します。

森岡から縦に出たボールをベドロが抜け出して冷静にゴールへ流し込んで同点。

その後もマルキーニョスが決定機を迎えるなど攻撃が活性化します。

そしてコーナーキックから岩波がドンピシャのヘッド

うれしいJ1初ゴールとなりました。

あとは何回も決定機を迎えたものの

追加点をあげることができない悪い癖が出てしまいました。

しかし、なんとか逃げ切って勝利となりました。

 

なんとか勝ち点3を獲得することができましたが

全体的には問題点が多い試合になったと思います。

来週は不調のセレッソです。

黙らせてやりましょう。

 

image

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.