9/3 G大阪戦 まとめ




 

ナビスコのアンセム再び!!

 

史上初の決勝トーナメント進出を果たしたヴィッセル神戸。

クウォーターファイナルの相手は今季完敗しているガンバ大阪。

意地を見せろ!

 

 

スタメンは

田代とマルキの2トップ。

2列目に杉浦とペドロ

後ろはいつも通りとなりました。

この布陣について・・・

ペドロがまったくと言っていいほど前を向いて受けられなかった。

森岡にようにためが作れる選手が前にいないため

いい状態でボールをもらうことがあまりできなかった。

これは問題だと思います。

 

image image image image

 

最初のチャンスは神戸。

コーナーの流れからペドロが蹴りこみ先制点!

と思ったがファールを取られて取り消しに。

そして失点。

ガンバのパトリックがサイドバックの裏をついて駆け上がって低いクロス。

そこにいたの宇佐美

あわててつめてきた岩波を完璧なファーストタッチで外すと、落ち着いてシュート

海人もタッチするがゴールイン。

宇佐美はこの後もカウンター時に

前にふさぎに入った岩波をボディフェイント一つでかわして独走するなど

ボールを持てばまさに一級品。代表クラス。

 

しかし、後半 その宇佐美の疲れから神戸がチャンスを迎える。

 

後半に入って、顕著になったのが宇佐美やパトリックのプレスがなくなったこと。

岩波がビルドアップに参加できるようになり、ボールがうまく回りだした神戸は

シンプが出した裏へのボールにオフサイドぎりぎりで抜け出した

マルキが蹴りこんでゴール!

歓喜の瞬間が訪れました。

そのあと、何度かチャンスがあったものの決めきれず

復帰した小川や石津が頑張ったものの勝ち越し点はならず

ハンドの疑惑プレーも認められず。

引き分けで終了。

週末勝って、気持ちよくセミファイナルへ!!

 

image