9/7 G大阪戦 まとめ

スポンサーリンク

 

 

ナビスコカップ準々決勝第2戦。

第1戦を引き分けで終えた神戸はアウェイの地、万博で再びガンバ大阪との対戦。

勝つか、2点以上とっての引き分けが必要な神戸は必勝の雰囲気と共に試合に臨んだ。

 

 

試合前

 

image

 

朝9時に着きました笑

早すぎたので、荷物を置いて近くにあるイオンモールへ

スタバで時間をつぶして、モール内をぶらぶらして

飲料やお菓子を調達。

フードコートにてお昼ご飯を食べてからスタジアムに戻りました。

 

待機列も長くなっていてみんなの気合いが感じられました。

 

今日は、最前列で試合を観戦することができました。

image image

 

今日のスタメシはくくるのたこ焼きと焼きそばです。

 

image image

 

試合前の声援は気合いが入っていてとてもよかったと思います!

 

image image image

 

image

 

前半戦

 

前半始まってすぐの出来事

神戸の右サイドをオジェソクに突破されます。

その折り返しをPA内でなぜかドフリーになっていた阿部がダイレクトでゴールへ蹴り込みます。

なんでそんなにフリーなん?

河本なにしてたん?

となってしまいました。

 

その後の神戸は、いつも通り中央突破をしかけますがそんなに簡単にことがうまく進むはずもなく

前線にうまくボールが入らないので、ターゲットになるべき田代もサイドに流れたりボールを受けにきたりと

全く機能していませんでした。

2失点目のシーンは自陣でのパス回しのミスから

マイナスへのパスが誰にも渡らず流れて宇佐美に渡ってしまいました。

つめた高橋はかわされ、振り向きざまにシュート!

やはり、シュートのタイミングは日本人離れしていますよね

ゴール隅に決められて失点。

非常にもったいない失点。

大切な試合でこんなミスが出てしまうようでは、これからタイトルを獲得するなんて無理ではないでしょうか。

 

後半戦

後半の頭から田代に変えて小川を投入しました。

運動量でも圧倒されていて、ボールをうまくつなげなかった神戸は

前からのプレスも意識させたかったのでしょうか?

しかし、なかなかうまく機能しませんでした。

少しずつ神戸の時間帯が増えてきたところで2枚目の交代。

杉浦に変えて松村を投入。

仕掛けを期待しての投入でしょう。

しかし、今日の神戸は中央突破にこだわりました。

そして跳ね返されました。

 

何度も何度もバイタルエリアでパスを回しますが決定的なプレーにはつながりませんでした。

決定的なシーンはほとんどなかったんじゃないでしょうか。

最後にファビオに変えて石津を投入します。

仕掛けがさらに増えていいシーンは増えますが決定機はありませんでした。

そして、カウンターから3失点目。

終戦を迎えました。

 

最後の選手挨拶はブーイングがおこっていました。

意地の1点もなかったで寂しい限りです。

これにて今年のナビスコカップは終了。

クラブ史上初の決勝トーナメントは2戦で終わってしまいました。

ヴィッセル神戸に残されたタイトルはリーグ戦のみです。

来週は勝ちましょう。

 

image image image

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。