YNC予選リーグ 第4節 大宮戦 負けなかった事を評価しつつ

スポンサーリンク

先週のリーグ戦は熊本で発生した甚大な地震災害によって中止・延期となりました。

毎週訪れるサッカーの日常がどれだけ幸せなことは身にしみることになったと思います。

昨日はヤマザキナビスコカップの予選リーグ第4節、過去2試合を終えて2勝と好調の神戸は予選リーグ首位の大宮との試合。

大宮のDFラインには奥井・河本・大屋の三人が並び、懐かしい面々と対峙しながらの対戦となりました。

image

眠たい前半戦

前半の神戸はこれまでの戦う闘争心や球際の意地みたいなものをキレイさっぱり忘れたかのような試合展開。

連戦の相手よりも体力的に勝っているはずですが、どこかふわふわとした試合の入り方を披露。

スタートから相手に押し込まれて、セットプレイではあわやというシーンを作られました。

前半だけ4回の決定期を作られ、スンギュが2本のビックセーブ。1本は相手のシュートミスで救われました。

失点シーンに目を向けると、相手の大屋からマテウスへ縦パスが供給され、高橋が2回一瞬のスピードで置き去りにされてしまいました。

エンドラインまで侵入したマテウスからPA内でフリーとなっていた江坂の足元へとパスが渡り、ストライカーらしい落ち着いたワンタッチでシュートを決めて大宮が先制点。

三田出身の江坂が嬉しい地元での得点となりました。

本当に前半の神戸は中盤でミスが多く、全体的に身体が重い展開。

藤田・三原ともに縦パスのタイミングも精度も悪く、厳しい前半となりました。

image

持ち返した後半も、、、

後半になり、神戸も前への圧力を強めることができるようになりました。

ハーフタイムにかなり怒られたことが容易に想像できます。

同点シーンは左サイドから。

相馬が粘って相手の2人を引きつけて縦パス。

抜け出したペドロが相手との勝負を制して中へ切れ込み。中央への縦パスを供給すると渡邊がフリーで受けて、しっかりとゴールへ流し込み同点。

決定力があるFWがいることの安心感が感じられた瞬間でした。

押せ押せの展開となった神戸は、右サイドに増山、左サイドに松村を配置。

勝ち越し点を狙いました。

しかし、逆に大宮のカウンターを受ける展開となり3回程度決定的なシーンを作られました。

相手のシュート精度にも助けられて勝ち越し点は与えずに、同点で試合は終了となりました。

image

増山と松村と小林と・・・

現在、レアンドロと小川を怪我で欠く神戸は若手の奮起が必要となっています。

スタメンに入っているのは小林。

守備も攻撃もある程度の水準でこなすことができます。

攻撃時にはドリブルもパスも高いレベルで展開できるので重宝されています。

一方で増山や松村はどうでしょうか?

サポーターの期待値は高いものの、昨日のプレーを見る限りスタメンでの起用は難しいなと思いました。

増山についてはボールをもたせてあげれば、ある程度のスキルを発揮出来ます。

しかし、守備のタスクを放棄してサイドの守備が機能しなくなります。

松村に関してはそれ以前の問題。

攻撃時にも判断が遅く、ボールを貰ってから考えているように見受けられました。

仕掛けても判断が遅いので瞬殺で潰される。

成長が見えない選手にチャンスは与えられない。

もっと頑張って欲しいところですね!

image

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。