YNC 第2節 山形戦 待望の初勝利は”いつものノエスタ”で

スポンサーリンク

第1節がお休みだったヴィッセル神戸はナビスコ杯の予選唯一の休日開催となる山形戦を迎えました。

開幕からリーグ戦は3試合で1分け2敗で最下位。ナビスコとは言え立派な公式戦です。初勝利を目指しました。

image

結果から言えば待望の初勝利!

今日のスタジアムは文字通りのガラガラ。

観客は6千人を切る数字となりました。しかし、この試合にも脚を運んでいるこの人数が土台となるサポーターの人数なんでしょう。

この土台の数字をこれからどうやって増やして行く事が出来るのかが課題になってくるんでしょうね。

常連からすれば、『いつものノエスタ』だったので居心地は良かったです笑。

image

先制点は石津!

今日のスタメンはいろいろと変更がありました。

右サイドバックに高橋を起用。怪我のブエノの代役はウヨンがCBに入りました。

ボランチはヒデと公式戦初出場(天皇杯はのぞく)となる前田。右サイドに小川、左サイドに石津を起用しました。

出足の早い山形に苦戦しましたが、先制点は神戸。CKから石津が冷静にゴール右上に決め込みました。

それ以降も何度か決定機がありましたが決めきれない神戸。

小川はこの日2回の決定機があったにも関わらずノーゴール。あとは決めきるだけなんですが、なかなかそこが難しい。

何も考えずに振り抜いてほしいですね。

image

後半は点の取り合い。松岡の恩返し弾も

後半に入ってすこしばたついたのは神戸。

落ち着いた後も決定機を決めきれない神戸は逆にビルドアップを奪われてショートカウンターから松岡に恩返し弾をぶち込まれました。

その後はマルキとペドロを投入。

昨日の代表戦のように勝負をかけてきました。

そのマルキが大仕事をやってのけました。右サイドからドリブルで相手陣内へ切り込んで、こぼれた所を千真が豪快に蹴り込んで勝ち越し。

次はペドロが仕事。ドリブルで切り込んで切り返したところをPA内で西河に手を引っ張られて倒されたところでPKを獲得。

ここでペドロは千真にPKを譲りました笑。この前のお返しですかね!

落ちついて決めた千真は2得点を達成。そのまま勝利となりました。

image image image image

初勝利の余韻を持って広島へ

急造のCBコンビでよく乗り切ったと言える戦いでした。

相手の攻撃は脅威が少なかった事も事実ですが、ここは評価しないといけないです。

あとは前田が良かったですね!しっかりとボールを散らす事で活躍していました。

ボールに対する寄せもしっかりと行えていたと思います。

 

来週は広島。相手は強豪ですが、ここで勝ってエンジンをかけていきましょう!

image

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。